Running Amongst Trees

トレイルランニングと関連ギアにまつわる日記

 サンテリヨン72km La SaintéLyon 72km

 フランスといえばUTMBなどのトレイルランニングの聖地で、景色と難易度の両方が楽しめる国だと思う。色んなレースが開かれてる中で、UTMB/TDS/CCCの次、いやそれと同じぐらい出てみたいなあ、と思うのがこの毎年12月に開かれる「サンテリヨン72km La SaintéLyon 72km」。

 

f:id:noritakahiro:20160930100901p:plain

SaintéLyon

 

 いくつかのカテゴリーに分かれてるけれども、参加者15000人のビッグレース。しかも午前0時スタートのナイトラン。

 ロワール地方のサンテティエンヌ Saint-Étienne を出て、Lyonまでの72km。その2つの地名を併せて、SanitLyonというわけだ。

 累積標高は72kmで2000mを切るし、ピークは最初の方に集まっていて、ほぼ下りになっているので脚が後半でも動いてくれそう(※下は過去のレースのもの)

f:id:noritakahiro:20160930101145p:plain

 このレースが魅力的だなあ、と思うのはナイトレースであること。

 フランスのどちらかといえば郊外、いや田舎のエリアを15000人が走り、場合によっては雪が多少積もっている状態になっているらしいので、夜から朝にかけて幻想的な風景が見られそうで、一度それを体験してみたい。

 

vimeo.com

 

 上の映像中盤にあるような、ヘッドライトがつながる風景など、普段見られないような景色を見られることがトレランの特権、面白さの一つだと思う。

 最近は、自分の脚で山や丘を行くからこそ、トレランの面白さがあり、ご褒美として風景があるように思うので、サンテリヨン72kmなレースは参加してみたく思う。

 今年は IZU TRAIL JOURNEY が直後にあるので、まぁ日程的に難しいけれども、来年2017年の12月は参加できればなと。

 ちなみにこのサンテリヨン72kmも、ITRAのポイントが4ptほどつくそうです。 

 

待ちに待ったGREGORYのRufous8(ルーファス8)発売日!しかし。。。

昨日9月27日に、アートスポーツ本店から電話がかかってきまして、「ルーファスが入荷しました。でも発売日は明日なので、来店はそれ以降にお願いします」とのこと。

あけて本日28日水曜日、両国方面での仕事が最後ということもあって、ちょうどよいので行ってきましたよ、トレイルランナーの買い物聖地、アートスポーツ本店へ。

art-sports.jp

で、安くなっていたマファテスピードなどに足入れしながら、ルーファス8にご対面。やった!遂に!

待ってる間も目の前で5-6個は出てた。もう、ルーファス祭り。店員さんも、電話がひっきりなしだと言ってた。

そのままニューハレの新製品であるニーダッシュも3つほどピックアップし、レジへ。

  

ムフフですよ。

石川宏樹モデルですよ。

タグにサイン入ってる紺・オレンジモデルにしましたよ。

予約初日にピックアップですよ。

 

 

 

外に出て、念のためと試着。

 

。。。。。。。。。。

 

 

やばい。

胸のストラップ、上は締まるが、下がキツい。。。

なぜだ。

同じGREGORYのTempoのM/Lは入るのに。。。

 

というわけで、アートスポーツへ舞い戻り、店員さんにも着用加減を見てもらいました。

ええ、わかりますよ、わかりますよ、その表情!

店員さんたち二人とも、「ああっ。。。」って表情されてましたよ。察しましたよ。

ルーファス8はワンサイズですが、私の胸囲には合いませんでした。

腹周りじゃないですよ、き、ょ、う、い、です。

 

もともとTempoはM/Lだと書きましたが、なんと別の店員さんによると、そもそもGREGORYは日本にM/Lを入れなくなったらしい。がーーーーーーーん。

 

そしてルーファス8も、どちらかというとS/Mサイズなんだとか。

 

残念です、残念です、残念です。

 

身体ゴツい人は今のうちに、アウトレット品とか買っといたほうがいいですよ!

 

結局、返品を受け付けていただけだのですが、お金が戻ってくるかどうかよりも、使えないのが残念!!

 

志賀エクストリームは、ルーファス8とカルドラドで行こうと思ったんだけどなぁ。。。

 

ITRAポイント導入後、UTMFに必要なポイントってどうなるのかなあ。。。

大きなドラマとなったUTMF2016。

f:id:noritakahiro:20110228160257j:plain

 荒天に見舞われ、44kmの短い距離に。

 こうなるとUTMF2017にチャレンジする人はめちゃくちゃ増えるかもしれない。UTMF2016の雪辱戦みたいな感じでね。

 ところで、UTMF2017からは従来のUTMF独自ポイントではなく、ITRA(International Trail Running Association 国際トレイルランニング協会)の新ポイントを使うことになるという。ITRA側のポイントも旧ポイントから新ポイントに移行するし、それによって、今まで 0pt だったレースでも新ポイントでは 2pt とかついてるレースもあったりする。もちろんウルトラロング級の長さを狙うのであればもともと高ポイントのレースに出てるだろうから、旧 0pt のレースが新レースで 2pt ついたところであまり関係はないだろうけど。

 で、これ、調べてみると結構ハードル高い。UTMBなんかは新ポイントで 15pt。そして3レース以内で15ptなので、6+5+4だとか、5x3だとか、6+6+3 だとかそういう組み合わせになる。

続きを読む

トレイルランナーはみんな大会ボランティアを経験してみればいいと思う。#UTMFとSTYボラを通じて (その3)

 We all learned a lot from UTMF/STY and Mother Nature.

 

 現地で通訳ボランティアやってる最中にふと思ったんですよ。

 ボランティア経験すると、自分が出るレースへの態度が変わるんじゃないかと。

 特にレースを作ってる人々への。

 ITRAポイントなどのレースポイントも大事ですが、ボランティア経験ポイントってあってもいいんじゃないかなと。そのポイントの有無が人気レースエントリーの「優先権」になるとか。

 例えばスリーピークス八ヶ岳は、ボラ経験者のエントリー優遇を実践してます*1が、そういうものが拡がると、オーガナイザーや各スタッフ、ボランティアなど関係者に悪態つく人も減るし、それだけでなく、なんというか、トレランナーとして成長するような気がします。 あくまでも、UTMF/STYボラ中の感傷的な私見ですが。

 ということをfacebookのトレランコミュニティに書くと、「優先権のためにボランティアやる人が増えて、本来の意味の“ボランティア”ではないじゃないか!ボランティアは無償でしょう?」と怒られてしまいましたけれども、他の方もおっしゃってましたが、「やらないよりやるほうがいい」と思いますので、無償・有償関係なく、大会にボランティアとして参加することは非常に大きな経験になると思います。

 僕はスリーピークス八ヶ岳の場合は、2015は23km/2016は38kmを走らせていただきまして、2年に渡り大会のホスピタリティと”ゲストスタッフ”たちの温かいサポートを見てきました。彼らが「次年度の参加優先権を得られるから」としてボラ活動をしているとは全く思えません。むしろ何らかの形でこの大会に関わりたいと思っている人たちだったんじゃないでしょうか。例えば私の場合、2年に渡って走らせていただいたので、恩返しのつもりで2017は”ゲストスタッフ”側に回らせていただきたいと思ってるぐらいです。

*1:同大会では「ボランティア」という言葉の孕む無償の奉仕という意味合いを避けると考えてのことか「ゲストスタッフ」という呼び方をしています

続きを読む

トレランの大会は「走らせてもらってる」んじゃないかな、と思う。#UTMFとSTYボラを通じて (その2)

 We all learned a lot from UTMF/STY and Mother Nature.

 「特に今回のUTMF/STYの運営はグダグダで問題」って文句言ってる人をたまに見かけるけど、僕は唯一【選手やサポーター、ボランティアへの情報提供の不備】に大きな疑問や課題は感じたものの、それ以外は総じて真っ当な対応したと思うけどなぁ。

 確かに以下のような映像を見ると、「こんな危険な状態なのに!」って思うかもしれないけれども。

www.youtube.com

 ちなみに上記映像に出てくる「濁流」も普段は涸れ沢らしいです。怖い。

続きを読む

UTMF/STY2016で起きていた数あるストーリーの中から、皆さんと共有したい2つの出来ごと。#UTMFとSTYボラを通じて (その1)

 UTMF/STY2016のボラ活動から無事に自宅戻ってきてシャワーを浴び、ようやく余裕ができたので、現場でおきた2つの話を共有させていただきたく思います。


 UTMF/STYにて、私は今回通訳ボランティアとして三日間通して参加し、装備チェック以降その多くの時間をUTMFスタート&フィニッシュ地点/STYフィニッシュ地点である大池公園に設置された総合案内に寄せていました。

 ご存知のように今回のUTMFとSTYでは悪天候に見舞われ、多くのランナーがビショビショに濡れた状態でした。そんな中起きていた話を共有させていただきたく思います。

続きを読む